●1.調合

主原料のけい砂、ソーダ灰、石灰石、カレット(砕いたガラスびん)と副原料とを原料棟からコンピューター制御により溶解炉に注がれます。



●2.溶解
投入された原料が、炉の中で高熱高温に熱せられ、約1,500℃で溶けます。ガラスを溶かす炉は蓄熱層と溶解層、作業層に分かれており、ガラス原料はガラス素地へと徐々に変化してゆきます。



●3.成形
一定の大きさに切り分けたガラス素地は、ガラスびんを成形する装置「ISマシーン」に投入されます。ガラスはISマシーンの金型に入り、粗型で大まかな形になり、仕上型で本来のびんの形に整えられます。



●4.徐冷
形が整えられたガラスは徐冷炉にて常温になるまで冷やされます。約1時間での徐冷を行うことにより、ガラスびんの歪みを取り去り、強度を増すことができます。



●5.検査
人間の目で確認しにくいクラックや歪などを各種の自動検査装置にて自動的に取り除きます。又、人間の感性で判断する内容については、目視検査にてチェックします。



●6.出荷
数々の検査を経て合格になった商品のみお客様の元へ旅立ちます。